ストレス感受性人間の、「人生」というマゾゲーのプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月3日。
・どうぶつの森再開してるなう3

 橋を立てる前に、「とびだせ」では、「村長の期待度」を100まであげなければいけないようで。
「村長! 期待値のアンケート忘れてませんか!」
 と、「わざとだよ!」と答えたくなるしずえさんの突込みからゲームが開始。

 公共事業にお金を使いたいわけなので、今日は二十分ほど、
「『頼みごと』を『乞食』する斬新なプレイスタイル」
 をとって、しつこいといわれるまでやすおとグラさんに話しかけていた。

 21分目ぐらいに、
「ほかの手段とったほうが早くないか?」
 と気づいて、しずえさんに「アドバイスをせがむ」選択肢を押しまくり、村メロを作って、村の旗をもふもふの犬に変えて、掲示板に「つりがすきです」とだけ書き込んだ。

 最後に、リサイクルショップに家具を二つ置いてから、期待値が100に達成したので、少し満足し。
 グラさんが、
「ターイム!」
 と言い出したのでゲームを終了。

 そんなせりふが出てくるとは知らなかったので、びっくりした。

・時間配分

 今日は朝から午後三時までにMPとHPを使いすぎた。
 ボーっとしてきて少しずつMPが回復しているけれど、HPは無理かなと思った。

 天気予報が外れて、思ったより炎天下の中で長時間作業したのが原因らしい。
 長時間といっても、隣を見ればその中で3時間ほど作業しててきぱき働く人もいるわけで。

 たぶん、文章や書類を書き上げるだけならテーマによっては自分も人並みに速いことは信頼しているのだけれど、少しへこむ。

「これでも、だいぶ体は丈夫になったほうなんだよ」
 と思うけれど、中学時代の自分はなんと言うだろう。

 まあ、次からは気をつけてがんばろう。

 第一希望は室外作業が多いので、体力をつけたりうまく向き合う方向性でいこう。

・時間配分・2

 疲れているから心理的コンディションが悪くなるのだと思うけれど、体調を保つすべをまだよく知らないので困る。
 保つほど体力があるのかよくわからないのも困っている。

 とりあえず、リポビタンD飲んで、頭痛薬を飲んで、それでもふらつきや頭痛がするのだから、家で横になったらよいだろう、と思って帰った。
 家で布団、横になりつつ、どうぶつの森をやったらだいぶ回復した。

 ごろごろしている中で、午後4時以降に実験を始めると、
「いつ終わるのかわからない」
 と不安に見舞われるので、午後3時までが実験開始時間で、午後16時からあとは、午後18時半ごろまで勉強タイムにするとしっかりTOEIC対策ができるんだなと思った。

・召喚魔法、「呼び出しメール」を発動!(ただし後輩は除く)

 今日や昨日から、チーム・フィールドの面々も(本当にフィールドの助教に召喚されたのかは知らないが)やってきていて、昼ごはんのときに、マンボウ先輩が食事にこっちにやってきて困った。
 自分たちは性別が違うし早くから食べていたので途中で去ったが、一緒に食べることになったチーム・ラボの先輩たちは一時間ほど拘束されたらしい。

 なんか、ベンチャーで中小でそのキャパというか身だしなみで採用って、黒いフラグや三年以内のリ・リクルートフェアフラグが立っているけれど、自分は、
「もういいや、他人の人生だし」
 と聞き直って、喧騒のせいで聞こえない英語に耳を済ませた。

 後輩はひとり、記憶が正しければ、院試の終わった次の日からきていて、論文を読み込んでおり、
「ほかのチーム・フィールドの面々(日本人)に合わせていたらまずい!」
 とでも思ったのだろうか。
 実際、去年、自分は合わせていて、相当、精神的に「堕ちた」から、まずいのだけれども。

「すぐ隣に見える『周り』は見るな。研究室全体、学科全体を見て行動を決める、そう『今』であってると思う」
 と励ましてあげられる立場にはもういない。

 縁の太いめがねが似合わなくて、はずすかコンタクトにすればいいのにと思った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。