ストレス感受性人間の、「人生」というマゾゲーのプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月2日。
・どうぶつの森再開してるなう2

 今日は、「どうぶつの森の錬金術(@3DS)」こと、島の解禁が明日だというアナウンスが流れた。
 それでもやりたいのは、本質的に川釣りなので、今日もぼちぼち魚を釣る。
 たまに、すっぽんとかいうものが釣れるけれど、魚がつりやすいという条件で選んだ村は、魚釣りがしやすく、今日も20万ベルの状態からスタートして30万ベル近いところまで稼いで終了。

 8月終わりから9月の頭は、珍しい魚が釣れやすいシーズンなのだろうかと感じる。

「一巡は魚釣りをする」
「未来の自分へメッセージをこめた手紙を書く」
 の二つのルールだけ守ることにした。
 メッセージといっても、自戒だけれど。

 明日はきっと、橋が立てられるぞーと自分を奮い立たせる。

・だめでもともと、指示を仰ぐ

 午後、実験の結果を見せに行ったら、
「どうしたらいいのか」
 ということについて指示がもらえた。
 なので、今日から作業をはじめたら、暑さにくらくらしたのか貧血なのか怪しいラインで地面がふわふわしたので、一日ずれても大丈夫かをチーム・ラボの研究員の方々にコンサルトして、チーム・ラボの先輩に数え方を教わるアポをとって、要するに、明日の朝早くから昼前に作業を終えることにした。

 大丈夫だ。明日の朝は涼しいから、起きられれば何とかなる。
 正確には、今日倒れたほうがよろしくない。
 「状態異常:熱中症?」はMPとHPが晩御飯食べたらだいぶ回復したので、何とかなるだろう。

 指示をくれたときのラボの教授は、あきれているようで、疲れているようだった。
「なんだか教員とは大変だ」
 と思ったけれど、ここで空気をがんばって読むできところでもないので、とにかく指示がもらえるうちはお伺いを立てよう。

・自家発電

 自分だけのやる気では、人は持たないなぁと、ラボの教授に任された仕事をしているときの目のきらきらで思った。

 あと、本当に満足しているときは、そんなに日記を書く気もおきないのだなぁと思った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。