ストレス感受性人間の、「人生」というマゾゲーのプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月30日。
・英語以外は

 今日は英語のお勉強以外のことは豊かにはかどった。
 TOEICもパート5とパート6と、速単単語読みはできた。

 朝に少しぐったりしていたけれど、そこ以外は、ずっと手を動かしていられたし、ガリガリメモとノートを取るうちに、
「気がついたら終わってた」
 という睡魔を呼ぶプログレスも、途中でぐったりしていたけれど、ずっと起きていられた。

 おかげさまで、調べるべき項目がたくさんあるので、院ゼミのネタには困らなさそうだ。

 あと、一日中何かしらしていられたので、少しは元気になったといえそう。

・一度断る前に、相談する前に

 内容などを整理するといい。

「ラボの教授に報告する、そもそも挨拶以外で会話したのいつ以来でしたっけ?」
 ということに緊張しすぎて、
「数えました!」
 と、小学生並の報告をした。

 この場合、グラフを作って持っていって、ノートごと動いておけばいいんだなと自分でも反省した。
 ただ、自分に対して、ラボの教授があきれながらかよくわからないけれど、とにかくこうすればとリアクションを返してくれて、ほっとした。

 ラボの教授はひどく疲れているらしく、大変だなと思ってもう少し待てなかったかと考えて、来週になったら、
「もう、暦の上では秋じゃないか!」
 と焦りが強くなるので、8月中に何かしらの指示をもらってよかった。

 とにかく、わからないことも聞かなければ答えてもらえないので、これからも進捗があったら勇気を出して伝えよう。
 あと、意志力は弱くとも、朝に一時間ほどぐだっていたけれど、一日中アクティブだったのを覚えておこう。

・飲み会にて。

 就職先がきまったチーム・ラボの先輩へのお祝いがあった。

 そこで、ことのついでに後輩三人を体育系の先輩がアドバイスするということがあった。
「tsudukiさんは、自分のペースを作って、自分で動けるようになること」
 という感じで、至極もっともな問題で自分もそう思っていたので、
「はい」
 と正直に答えた。

 毎日違うことをやっていて、すぐに方針を修正という名の変更したりして、でも一日単位で考えて、日記を書いたら忘れてしまい。
 一昨日に日記をファイルに挟んで、
「意志力が足りない!」
 と危機感を抱いた。

 毎日ぶれが大きすぎて、一定の幅に収まらない。昨日の反省が今日に生かせない。
 コピーライターの方が「同じ日なんてひとつもない」といったけれど、それは目や耳の感覚を研ぎ澄ませたら違ってくる話で、パッシブで毎日を「どうしよう?」と悩むのは困りものだ。
 ただ、「思考が一定で行動が一定」となると、思考の幅が狭まりそれはそれでいやなので、せめてフレキシブルだといえる行動力を見せたい。

 ここ数日は少しぶれが収まって、起きてる時間(アクティブでいられる時間)は増えてきた。
 だけれど、今度はタスクとアクティブになるMP配分が難しい。
 これは、優先順位の付け方の問題で、要するに、
「毎日、本当にこれでいいのか? 大丈夫なのか?」
 と自信がないらしい。

 集中力そのものは、医者の先生のいったとおり風邪からの回復とともにかなりましになったのだけれど。

 英語も、高得点がとれなければ意味がないと考えてしまい、落ち込んでいる。
 最低限、教養程度の英語力はほしいしそれにはぜんぜん英語力が足りないので、やることがないなら英語の勉強はした方がよいのだが。

 とにかく、祝われているチーム・ラボの先輩を見て、
「自分は大丈夫かなぁ」
 という解決しようのない他人任せの判断ではなく、
「自分は他人が信頼して仕事を任せられるぐらい、適応力を高められるのかなぁ」
 とリフレーミングしてみることにした。

 他人が信頼できるというのは、行動パターンが読めるということで、
「ある程度一定したルールの下に動いている」
 という印象があればいいのだろうか。

 自分はのりで、そのあとに責任は持つけど、傍から見たらひどい気分屋なので、困るだろうなぁと思った。
 気分のぶれの問題は、体質もあるからしょうがないじゃなくて何とかいろんな人やものに力を借りて人並みになるようになり、めきめきよくなっている感覚はするのだが、いかんせん、だめな期間が長すぎて、それでも見捨てないでいてくれる研究室の方々は優しい。

 昔より今がよくて、今はそこそこ楽しい気分なので、それでいいかと思ったけれど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。