ストレス感受性人間の、「人生」というマゾゲーのプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月16日。
・今日書いたコミュ力向上記事は

 ここ十日ぐらい、こつこつ読み貯めた「話し方66のルール」のまとめが見えてきたから、アサーションとNLPとアイエンガー教授の3×3を織り交ぜて、まとめっぽく仕立て直したものです。

 本当に自分用の記事だから、絆創膏の素材を探すはずがすっかり忘れているし、自分はシンプルな記事を印刷して満足しているし、それでいいのだろう。

 話し方66のルールをぱらぱらめくって確かめたのだけれど、
「66もあると死ににいく感じだけれど、13ぐらいからケーススタディとリフレインがくり返されるので、記憶が定着してばっちりだね、とっつぁん! もはや惰性で39までノートテイクしてるよ!」
 という感じだった。

 最後までノートテイクするつもりだけれど、自分が、くろねこ・わんこのこめんたりーは「コメンタリー書評第七回」のほうで沢に言わせていたことがもろに体現されていて、びっくりした。

「1で、それができたらだれも苦労していない秘奥義的なものがあって、アマゾンのレビューでも指摘されている」
 のに対して、そこはNLPのバックトラッキングとペーシングで機械的に乗り切れるのではないだろうかと思う。
 けれども、
「バックトラッキングを機械的にするには結構リスニング能力がいて、聴く力がない人は早口で言われると英語でも日本語でも言葉が拾えない(サンプル:tsuduki)」
 ので、心構えで頑張る軸を作ったほうが、読者の心が折れにくいのかと思われる。

 自分は、コメンタリー書評のほうにて、
「気になったらググればいいよ。アサーションに関しては、だいたい、うちのサイトが出てくるから!」
 という感じでggrksを仕様リンクを貼るのをわざと忘れているし、ノリの良い文章というのが作りにくいので、
「のんびり読んだりびっくりして読んだ後に、周りに読んでいる方がいないけど感想が聞きたい! 切実に!」
 という人にしか需要がない感じだろうなぁ、と思う。

 一回、アイコンチャット形式は失敗したこともあって、誰かさんにしつこいと指摘されていたような気もするし、そちらは物語文だからあんまり関係ない気がするのだけれども。

「対話って、まじめに会話させてたら字数ばかり取られて先に進まねえよ! 『直結する内容のレポート課題を押し付ける』しか思い浮かばなかったよ!」
 となっている。
 そして、
「TRPGのリプレイやプレイ日記に大切なのは『編集能力』……ということか……!」
 と、打ち震えている。

 内容をダイジェストでパラフレーズを入れつつ、編集しているのに、さらに編集しないといけないのか……。

 編集方針について、自分もそこまで内容を無味的にして、かさましあるある系の内容がペラいサイトよりは、グーグルさん片手に情報量多いコンテンツを出したほうがいいだろうと、思い、会話に直す段階できちきちに情報を詰めていて、喋り手の個人情報よりは、学問的内容を扱った方がいいのだけれど。

 あらすじドットコムさんの手法で行くと、リスク学は絶対に終わらないので、ダイジェストで行くしかないんだよなぁと思う。

・財布が高い

 高いけど、おしゃれでポケットが少ない高い財布は、一つにすべてを詰め込みたい僕の求めている財布じゃないんだ!
 高くていいから、ポケットがたくさんついている財布がほしいんだ! 中年っぽくなろうと構わない!
 ……と、セール中の財布をいじっていろいろ確かめて思ったこと。

 安くて無印っぽい機能性といえばイオンのイメージで、イオンは下宿の周りにないので、おかんにいろいろ相談した。

・けれどもが多い日は、自分に自信がある日。

 と思う。
 検証して結果的に自分の答えを肯定しているから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。