ストレス感受性人間の、「人生」というマゾゲーのプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月7日。
・今日はゲームはお休み。

 正式にガチでチーム・フィールドから籍が移っていない自分が写ってもよかったのか。
 カメラマンのつもりでいったら、チーム・ラボのイケメン先輩がいつものように進んでカメラマンをやっていた。

「メガネをはずすと男から見たイケメン度が上がるのだろうか」
 とイケメン先輩の10秒以内にメガネをはずしながら定位置につく姿を見て思った。
 この人はすでに、そういう方面はプラトーの域には達しているだろうに。

 夕方の温室の草刈りは、来ていて、ラボの教授に、枯れかけている一体の謎を教えてもらった。
「根っこが排水・給水用の穴に詰まっているからで、穴をあけなおせば元気になる」
 とのこと。
 シャカシャカ鎌を振って、バリバリと草を刈ったりするだけでも、前回から上達していて達成感を感じて面白かったし、サクラさんや菜花さんとおしゃべりしているの楽しかった。

 修論を書けそうなところまでの道のりは長そうだが、
「きっと何とかなるさ」
 と思って、身体を丈夫にして、それを示していくしかなさそうだ。

 実際、自分でもいまだに体が丈夫で社会に出ても大丈夫なラインか心配だから、しょうがない。

 草刈りの際、おしゃべりしているときに、
「菜花さんは快活な方ですよ」
 と花言葉を口からこぼしてしまって、「やらかした」と思ったけれど、Weblio類語辞典でひいてみて、どう考えてもプラスにしか取れない類義語が並んでいてほっとした。

 たぶん、日誌を書いたら居間から晩ご飯食べに出かけるけれど、ぐったりしていると思う……。

・二日酔い。

 それでも、ビールのそばにいたときよりはずっとましなのだけれど、集中ができなかったり、胃のむかつきがダイナミック。
 セミの声が再び気になるようになったので、結構調子が悪いのだと思われる。

 スクラートとノーシンを飲んでそれなりを保って、勉強もノルマの半分ぐらいをこなす。
 こうなれば土日を返上して、ノルマを平日分こなし……たら、ふつうに健康的な生活だったので、がっくりきた。

 休日は放っておくとパソコン中毒みたいにタイプしているから危うい。
 パソコン中毒になったところで、できることは「pomeraとルーズリーフ、キャンパスカードでできないこと」ではないのだけれど。

 あまりに今日がやるせないので、チーム・ラボの先輩に公務員トライについて聞く。

 その先輩は、
「受かってないから」
 といったけれど、本当は死亡フラグ回避にこそ価値があ……いや、受かった人の話が説得力ないとかそういうわけでもないし、受かった人にも今月会えるかもしれないのだけれど。

 その先輩の話を聞き、
「想像以上に、面接の点数が大きいこと」
「農学の過去問、ふつうに解けたし、論文や面接は時事から出るから、配点的にパッシブを高めればいいので今の勉強法を変える必要がある! 遂行重視に!」
「民間で就職的面接慣れをした方が良いこと」
「ESは論文試験の課題だと思って丁寧にこなしたほうがいいこと」
「キャリアサポートセンターに頼った方が速いこと」
「民間受けるなら、農業関係の業界研究が必要だな……」
 と、数多くの種を得られたので、人に話を聞くのは大事だと思った。

 あと、話を聞くなら、マンボウ先輩やメイさんみたいに聞いてもいないのに自分からべらべら話す方ではなくて、チーム・ラボの先輩みたいに謙虚というかいやそうにためらう方から聞き出すべきだなとも思った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。