ストレス感受性人間の、「人生」というマゾゲーのプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月3日。
・ふらんべるじぇプレイしてるなう。

 わかっていたけれど、ドット絵の演技が秀逸だ。

「レスキュー!」
 のヴォルテさんが好きだ。
 チャラいのがいい、それがいい。
 パスピエさんと「(いい意味で)うるさいコンビ」を結成していて、見ていた楽しい。

 ……のだけれど、強いのでミュゼットさんを安定で利用している。

 リュリは強いのだろうか、強がるちびっこは好きだけれど、戦闘がきついので、誰が安定か三人目(二人目はサポート役っぽい方に固定)を早く確定して、ゲームオーバーの連鎖から抜け出したい。

 やっぱり、避けゲーといわれている通り、これは「ロマサガ2」までのきつさなのではないかと思う。
 「ロマサガ3」はボタンを押しっぱなしで放置できる難しさだから違う。

 戦闘は基本的に避けていったらいい気がするけれど、レベルアップはどうなんだろう。最初のダンジョンの二マップ目で倒れた身としては道のりは遠いと感じた。

・疲れている……

 少し、七月の終わりに押していた無理が出てきている。
 おかん曰く、頭痛はそのせいかもしれない、と。

 休めば、普段より頭が働くようになるので、ストレスが溜まり過ぎて脳の回路がぶち切れたというわけではないけれど、やる気が基本的にあまりない。

 突発的に思いついたネタと、定期的にやると決めたネタをこつこつやるだけだ。

・小説やイラストについて

 pixivに、孫のデンジとデポーラ爺さんのお話「老視察司と孫」を投稿して、小説「陽中の蛍光石」から見れるようにしてみた。
 一瞬、「ハッピーエンドメーカー」もやってみようかと悩んだけれど、小説を求めてきた人に、小説以外を見せてもしょうがないので却下した。

 また、pixivで「最期の言葉が聞きたくて」が評価されて、pixivから通知が来たときははしゃいだ。

 自分のフォロワー数などから行くと、40viewいけば上々で、それ以上、無理に欲張るとろくなことにならないと思っているのだけれど、評価されるのはうれしい。
 別に、ウィンドウで見たときにクリックを押してもらっただけでも上々と、自分の経験からして思うけれど。

 タイトルセンスやキャッチコピーを磨くのも大事だけど、それと同時に、本体を磨いて総ビュー数を磨いていった方が、頑張り方としてもアサーティブで、積み重ねる人って素敵感が出るようなぁ。

 目指せ、ゲゼベルネタだけで小説・イラスト100作品!

 ……あと、母にデポーラのじっちゃんは「姿勢が良すぎる、■メ仙人か何かか」と聞かれて、「大丈夫だよ、■メ仙人か何かかだもの」と答えた。
 なお、小説本体は、おかんには、火曜日に届くと思われる。

・最近、感動しないのかな……

 おそらく、疲れているのだと思う。
「自由の社畜」に感動してはいるのだし、今は、疲れを重々承知のネタを笑い飛ばすか、何も考えられずに見られる癒しを求めているので、頭を使う一切の好意を求めていないような感じだ。

 あと、精神衛生上そんなによろしくない楽曲にはまりだし、
「そういう闇落ちした人の心境を紹介しているような曲に浸りたい」
 という、闇落ち寸前期に似た精神状態なのかなぁと思い、それならなおさら休まないと、と思った。

・話し方66のルール

「誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール」が届いたので読んでみた。

「聞き上手のほうが、目指すとしたら効率的」
 という、自分の価値観を肯定するだけの本のような気が今更ちらっとしたけれど、勇気がない時は、自分を応援する本を読んだ方がいいと思う。

 特に次の月曜日からは、カウンセラーの方もいないし、TOEICを研究室でトライ――静かな図書館や自宅は、それはそれでペンをがしゃがしゃ動かせる雰囲気ではなかった――する以外は、冒険を控えようと思う。

 とにかく、この土日は休息で、充電だと自分に言い聞かせよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。