ストレス感受性人間の、「人生」というマゾゲーのプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月12日。
・ゼミメモ。

 コメンタリー書評の第二回を早起きして更新して、気合いを入れてゼミへ赴く。

 ゼミで少しでもやる気を出せば、自分も楽しいし、ラボの教授に、
「もともとないのがもっとなくなった信頼」
 というのに対して、少し見直してもらえるかもしれない。
 そもそも、信頼が全くないのに、見捨てられていないというのが奇跡だ。もともと、ポジションが小動物のペットというのを気にしなければ。

 ゼミにはラボの教授は来ないらしく、今日の飲み会はラボの教授の多忙により中止らしく。

「自分、そこまで悪いことしたかなぁ」
 と運の悪さを呪うが、これで一番ついていないと思うのが、祝われる立場だったはずのサクラさんとチーム・ラボの先輩である。

 とにかく、ゼミが始まって。
 チーム・ラボの先輩の院ゼミをがむしゃらにメモる。
 今日は、「後生的な機能変化のお話」だったが、
「なぜ、ラボの教授は多忙なのだろう?」
「自分の語学力はどこへ持っていくべきなのだろう?」
「あ! この方法でシート作ったら、論文読めないかな?」
「いつか先輩のメタ・プログラムを訊いてみたいけれど、メタ・プログラムの意味を理解してもらうのが大変そうだ」
「ティク・ナット・ハンさんの四行詩はかなり落ち着く」
「研究者とライターの視点が異なっていて当然だ」
「フィールドの教授とのやりとりの再会は、読書感想文のメールでしよう」
「エイゴワカラナイ。だが、図が見やすいので、選択問題には答えられそう」
「ワードさんとパワポさんときゃっきゃうふふできるスキル=XMLスキルは必要不可欠だ。サイトにそんなメモ記事を作ろう」
 とかなり、関係ないことがらをメモり出す。

 こんなによそ事をしていても、話についていけるよう引っ張っていけるチーム・ラボの先輩の発表スキルは高い。

 最終的に、カオスな日誌の材料ができて、それだけ研究室の机の上に置いていったことがわかり。

「ぎゃあああ!」
 と胸の内で叫びながら回収しにいった。
 このとき、発表してくれた先輩から、おす、と返ってきて、ほっこりきた。

 自分には、体力面をはじめ、ぜんぜん信頼というものがないものの、先輩方と挨拶できるようになってきて、地に足が着いているようになってきて、うれしい。

・疲れと誇り

 最近、というより、一昨日から、すごい体が疲れているように感じる。

 母曰く、
「本当はすごく体調が悪かったのを、今まではごまかしていたが、生身の体に戻ってきた」
 とのこと。

 布団で寝れる時間が増えてうれしいと母。

 寂しいと思う感情も、人間らしくていいらしい。



ラボの教授にズバッといわれた件について、元ネタのNLPパートコンビの会話
・「心臓がバクバクするというのは、ラボの教授というすばらしい人の人生の一部に関わるかもしれないデータを一発取りでとらなきゃいけないからで、尊敬が故によけい緊張する。自分は、プログラムで毎日20回ぐらいミスをしており、ミスはしても大丈夫な状況で、何十回もするものと思っており、何回かしたら稲がくたびれるだろうと言う状況にかなり緊張する」

「しかし、ラボの教授にはイヤだからやりたくないと思われているらしいし、自分だって指令のだ仕方がシンクタンクの先輩へのモードで動かなければやる気がないと判断する。そして、興味があるのは科学者の生態であって科学ではないことは事実だ」

「たぶん、自分にはお勉強とアウトプットの才能はあっても、研究という手作業の才能はないような気がする。CSRに詳しい結果を次の火曜日に取りに行くから、それとにらめっこして考えよう」

「とにかく、チーム・ラボやチーム・フィールドに出入り禁止にされず、お話を聞くことができて、見聞を深めることができたら、最終的に、留年しようが、別の研究室に入り直すことになろうが、たぶん単位乞食になると思うのだけど、乞食とバカにされてもかまわない」

「手先が不器用なら、パッチワークか刺し子再開すればいいんじゃないの?」

「あっ・・・・・・」

・「ラボの教授の忙しいのが、自分が迷惑をかけているからかもしれないと思う」

「そんなことはないと思う。まず、おかんを呼ぶはずである」

「ラボの教授は論文のエントリーとか、院試対策に向けて忙しいのだと思う。」

・「指示がこない」

「エターなる素材屋さんに、リクエストはこない。
 まあ、8月まで落ち着いて見せて、信頼を取り戻すことだ」

「裏を返せば、8月までtsudukiやり放題なんだよなー」

「学校では、コメンタリーとズーニーさんと、土屋耕一さんをがんばろう」

「少なくとも来週は、書類を整えよう」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。