ストレス感受性人間の、「人生」というマゾゲーのプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月14日。
 ゼミの日。
 あまちゃんを見て、すごい修羅場のあとに家を出発する。

 チーム・ラボのゼミ。
 先に発表するチーム・ラボの先輩の図表が、たいへんなレベルだったので、感銘のあまり、
「論文と専門書とビジネス書の読み方と文献発表の仕方」
 という記事を書きたくなる衝動におそわれた。

 本人にフィードバックすべきかと思ってつっこんだり、質問した方がいいかと思ってしてみたら、
「寝てた方がよかったんですね、先輩!」
 としか後輩がいえなくなるような模範解答が返ってきた。

 いつの間にか意識が飛んで、論文のたくさん紹介に、そしてゼミが終わる。

 今回の文献発表のやりとりでわかったのは、
「統計(というか、プログラム?)に関する知識が、思ったよりチーム・ラボにないこと」
 で、ゼミ後、
「tsudukiさんのざっくりの方が、まだおれよりわかっている気がする」
 とチーム・ラボの研究員の方とMDSについて話し合う。
「特に軸に意味はない」
 ということと、
「要するに、プログラム畑の人間ではないのだから、自分たちはどのプロトコルを使えばいいかさえ把握すればよい」
 という結論を出す。

 自分の統計系プログラミング言語Rの知識は、「Compus R」と、もう少しマシになった部分だけだ。

 趣味では、一応、プログラムに近いことをしているのだが、好きでもないことにデバッグの手間をかけて何かをしたいとは思わない。

 統計学の講義に行くと、他の大学の研究者の方が来ていた。
 出張講座をしていたらしく、ちょうど帰るところらしい。
 その人と、統計学の研究室が、
「絶滅する寸前の蝉の種の識別を、DNAをとると死んでしまうために、録音した鳴き声でどの蝉がわかるようにして、絶滅する寸前の蝉の個体群の実在を証明する」
 といったような研究がなされていることを知る。
 いろんな大学が提携しているのもすごい。その機材が数百万するのもすごい世界だ。

「蝉一匹に!」
 という感情が先に立ってしまったが、数十匹はいないと絶滅しているはずである。

 雑談の中で、
「壊したら、個人で弁償」
 という末恐ろしい冗談が統計学の先生方から出て、同期と同期の持つ機材の無事を祈ることしかできない。

 今の講義は、いわゆる「Rの中身」の話をしているわけで。
 よくわからず、記事を練っているうちに寝る。

 講義の後、草抜きに挑む。
 一度目、暑くなってきて白クマフラーを取りに戻る途中で、菜花さんと会う。何気ない世間話をする。
 二度目、半分終えたところで、ぜえはぁして水を飲んでぐったりしようとしたところ、統計学の研究室のみなさんと遭遇し、挨拶をする。

 水を飲んでぐったりしつつ、一時間かけて草取りが終わる。
 草取りの間、
「オタマジャクシが本当にいて、しかも小さいのから大きいのまでいて、となりのトトロのメイみたいにはしゃぐ」
「そういう変異体だが、植物がもっさりしすぎて、腕を入れにくく、どこからどこまで苗で草なのかわからない」
 といった事態に遭う。
 また、チーム・ラボの研究員の方とすれ違う。

 自分の場合、現実的に、休憩時間を入れて作業するしかないと思う。
 抜いた草を、誰かやってくれた人がおいたとおぼしき草の群の上に置いているが、これは怒られるフラグだと思う。

「後で片づけよう」
 と思いつつ、その上に積んだまま帰る。

 帰る前に、論文について、ラボの教授に聞いたところ、
「(メタ的な分析というか、プログラミングな分析なのかわからないが)そういう分析、たしかに向いていると思う」
 とラボの教授に言われ、いくつか具体的なテーマ案をあげられたあと、
「いろいろ考えながら、ゆっくり、草抜いていきましょう」
 といった言葉をいただく。

 論文について、
「来週からいなくなる」
 ということで、紹介する候補を明日までに送ってもらえるらしい。
「イントロやリザルトのくっきり区別の付いた論文がいいです」
 と、レターに苦戦した身が言う。

 また、ラボの教授に、
「三ヶ月半の猛暑」
 という、自律神経の不調に続く新たな敵の出現を予告される。
 温室に行かなきゃいけないと言うハードモードだ。

 帰宅後、
「HTML合成コモン(フレーム・CSS)をつくってコメンタリーしよう」
 と思ったのが、
「HTMLやRを通して、ウディタというかC言語をいじる基礎を作ろう」
 という企画に変貌する。

 ななみさんに謝りつつ、後者の方が、
「たぶん、趣旨にあってる」
 ということで押し進める。

 とりあえず、NLPを扱ってもリンクをはる先がないので、NLPの記事として、「メタ・モデルと日記」といった記事を作る。

 元気になった反動か、文章で吐き出していない反動か、がががっとすごい大量の文章を吐き出す。

「断り書き」、「メタ認知とは」、「本編(メソッド)」、「警告」からなる15KBの当サイトとしては化け物級の記事ができる。
 ただ、どれか欠けると、いやな予感がしてたまらないのでそのままにしておく。

 22時頃にできた後、ツイッターでふわふわしながら、ひたすら誤字・脱字の分離を繰り返す。
「時すでに遅し」
 という気もするが、しないよりマシだと言い聞かせる。

 手相についてTLで流れてきたので調べて、「メンタルへ突っ走る」「才能で成功(するかも)」「だいたい前向き」といった手相だったのでうれしくなる。

 また、「癒しの音楽リスト」で出てくるのがYoutubeの動画か動画へのリンク集で、著作権的に明らかにダークグレーなゾーンで、
「あああああ」
 と思う。

 23時30分。
 パソコンの電源を消し、明日やるべきことリストを書く。
 落ち着かず、カオスに日記を書き殴って、眠る。

 リアルのレベルとメタのレベルに差がありすぎるので、毎日七千歩、歩いてみよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。